カテゴリー
ファッション ライフスタイル

おすすめのオーストラリア・サーフブランドまとめ 8選

ホーム > ライフスタイル > ファッション > おすすめのオーストラリア・サーフブランドまとめ 8選

今回はサーフィンやアウトドアなどが生活の中に自然に根付いているオーストラリア、水や資源への理解も進んでいてオーガニックなブランドを多数輩出しているお土産にも最適なオススメのオーストラリアのサーフブランドをご紹介します。

QuickSilver(クイックシルバー)

1970年ボードショーツの専門アパレルブランドとしてオーストラリアのトーキーでQuickSilver(クイックシルバー)は創業されました。

1990年にはレディース向けとしてRoxs(ロキシー)を立ちあげています。その後もサーフィンだけにとどまらず、スノーボードなど多くのスポーツ選手のスポンサーとしても有名だったQuickSilver(クイックシルバー)は2015年に破産。

その後事業再生が行われ、日本でもオーストラリアでも未だサーフ界を牽引するブランドとなっています。

quicksilver https://www.quiksilver.co.jp/

Ripcurl(リップカール)

最近日本でも見るようになってきたRipcurl(リップカール)。1969年オーストラリア・ビクトリア州トーキーの小さな町でサーフボードの制作から始まりました。

最初はビクトリアでの寒さにも対応できるようなウェットスーツのデザインから始めましたが、その後、オーストラリアのサーフウェアブランドとして認知されるようになり今に至ります。

ripcurl http://www.ripcurlstore-jp.com/

Billabong(ビラボン)

Billabong(ビラボン) は、1973年にゴールドコーストで設立。QuickSilver(クイックシルバー)同様、ボードショーツの販売から開始し、大会のスポンサーだけにとどまらず、オーストラリア以外の国でも拡大を続けました。

その長い歴史の中で、数々の買収や事業再生などが行われてきましたが、今年は日本でもアンバサダーとして土屋アンナを起用し、イベントを行うなど、現在でも多くのサーファーに愛され続けているブランドです。

billabong https://www.billabongstore.jp/

Globe(グローブ)

Globe(グローブ)はスケボーやストリートファッションを軸に1985年に設立されました。

現在は世界100カ国以上で、アクセサリーやアパレルを展開しています。

globe https://eu.globebrand.com/

Ocean & Earth(オーシャン&アース)

Ocean & Earth(オーシャン&アース)は、1978年に設立され、現在では、ニューサウスウェールズのサセックスインレットに本社があります。

サーフィン用のアクセサリやバックパックなど幅広いアパレル分野で事業を行っています。

oceanandearth https://www.oceanearthstore.com/

SeaFolly(シーフォリー)

オーストラリアで最大の水着ブランドSeaFolly(シーフォリー)は、1975年にオーストラリアで設立され、現在ではシドニーに本社を構えています。

seafolly https://www.seafolly.com/au

The Critical Slide Society(ザ クリティカル スライド ソサイエティ)

The Critical Slide Society(ザ クリティカル スライド ソサイエティ)通称TCSSは、2009年にオーストラリア・ニューサウスウェールズで設立。

TCSS https://www.thecriticalslidesociety.com/

Tigerlily(タイガーリリー)

tigerlily https://tigerlilyclothing.com/