カテゴリー
アクティビティ ケアンズ 釣り

オーストラリアのケアンズで釣れる魚まとめ

ホーム > 都市別 > ケアンズ > オーストラリアのケアンズで釣れる魚まとめ

オーストラリアでの釣りの仕方を簡単にご紹介いたしましたが、今回はオーストラリアのケアンズで釣れる魚をまとめてみました。

もちろん、これ以外にも多種多様な魚が釣れますので、ぜひ色々と試してみてください。

バラマンディ(Barramundi)

バラマンディはオーストラリアでは有名な魚で、通称バラと呼ばれています。

ルアーフィッシングなどスポーツフィッシングのターゲットとしても有名ですが、普通にフライなどで食べられています。

淡水と海水のどちらでも釣れるのですが、河口にいる魚体よりも海にいるシルバーな魚体のバラのほうが臭みもなく美味しいです。 バラマンディ

ウナギ(Eel)

雑食なので、ハムや鶏肉を針につければ簡単に釣れます。基本的には日本のウナギ釣り同様、夜釣りがメイン。

オーストラリアではあまり食べられない魚なので、河川で大きいウナギが泳いでるのを目撃します。

泥の臭みがあるので、スモークしてみたところ、肉厚でとても美味しいです。

ただし、ほんとに大きいので、1匹釣れば数人で食べる分には十分ですから楽しいからと言って、釣りすぎに注意が必要です。

マングローブジャック(Mangrove jack)

日本でも沖縄などで釣れますが、サイズが全然違います。

基本的にエサはイワシやサバのブツ切りでOK!岩礁帯に仕掛けを入れると、ものすごい勢いで岩の下に引きずり込まれるので、ラインを切られる前に一気に引き抜く必要があります。

クロダイ(Black snapper)

日本のクロダイと同じでいたるところで釣ることができます。こちらもよく引き、よく釣れます。

釣り方はいろいろあり、桟橋、岩礁帯、サーフからなど場所を問わず、イワシなどの小魚をぶつ切りにして使って釣ります。

サバ(Mackerel)

こちらはトローリングでルアーを使って釣るのがメインです。

サイズによっては引きがものすごいので、タックルはしっかりとした装備が必要です。

マッドクラブ(Mud crab)

名前の通り、河川の泥地に生息していて、カニカゴの中に、缶詰や肉類を入れて半日程度置いておくと入っています。

基本的にはさくっと洗って茹でて終わり。指を挟まれると超危険なので、注意しましょう。

味は泥臭いと思いきや、中身は甘みがありとても美味しいです。 生きてるマッドクラブ

オーストラリアで釣りをする時の注意点

オーストラリアでは日本と違い、釣っていい魚やキープしていいサイズ等のルールが厳しいです。

そのため、もちろん現地の釣具屋で聞くのが一番ですが、下記のようなサイトで魚種とサイズは把握しておきましょう。

釣りのルールとレギュレーション

釣っていい魚種とサイズ