カテゴリー
お土産 オーガニック コスメ 美容・ケア

オーストラリアのオーガニックコスメ「A’kin(エイキン)」のローズヒップオイル

ホーム > ライフスタイル > お土産 > オーストラリアのオーガニックコスメ「A’kin(エイキン)」のローズヒップオイル

A’kin(エイキン)は、日本でもオーガニックコスメとして有名なブランドなので、ご存じな方も多いのではないでしょうか?

オーストラリアに行った際のお土産としても絶対に外せないA’kinのローズヒップオイルは、敏感肌にも優しく、かつベタつかない軽い付け心地。

今回は、オーストラリアのスキン&ヘアケアブランドのA’kinより、「ローズヒップオイル」の魅力について、余すことなくご紹介しますので、ぜひご覧ください。

A’kin(エイキン)のこだわりがスゴイ。

「なぜA’kinのローズヒップオイルが魅力度満点なのか」は、A’kinというブランドそのものについて見ていくと分かります。

A’kinとは?

まず、A’kinの商品へのこだわりは、そのブランド名からも伺えます。

A= Australian Made and Owned(純オーストラリア製) 自社内の植物化学者が独自に企画し、製造

 

K= Kind to your skin and the environment(肌と環境に配慮する) 抗炎症成分、動物実験の禁止、ビーガン及びハラル対応、リサイクル容器の使用

 

I = Ingredients: pure, natural and of the highest quality(純粋で自然、かつ高品質な成分を使用) 高水準の植物有効成分、二酸化炭素抽出法によるローズヒップオイル、長期保存可能、臨床研究による裏付け

 

N= No Nasties(不要成分を使わない) パラベン、サルフェート、シリコン、鉱物油、混合物、合成着色料、保存料の排除

引用:公式サイト

つまり、端的に言えば、A’kinは「肌と環境にめちゃめちゃこだわるブランド」なんです!A’kinが国を超えて愛される理由が、ここにうかがえますね。

A’kinのローズヒップオイルが人気の理由

そしてA’kinのスキンケアラインでも特に有名なのが、こちらの「ローズヒップオイル

エイキン
photo : https://www.akinjapan.com/

効果

  • 肌の保湿、保護
  • 傷やストレッチマークの改善

特徴

  • 100%認定オーガニックだけを使用
  • 必須脂肪酸(オメガ3,6,9)エキスを最大限に濃縮
  • 還元物質とビタミンで肌を守る
  • CO2抽出方法を使っているので、本来は参加しやすいローズヒップオイルを安心して使える
  • 使い心地は、少し重め
  • 肌馴染みが良い

使い方

「洗顔→化粧水→”ローズヒップオイル”→保湿」の順で使用します。

温かい肌、湿った肌の状態で使うと、更に素早く吸収されます。

価格

税込¥6,380

・1万円以上のお買い物で、オンラインショップにて送料無料サービスも行っています。

・Amazon Pay, 楽天Payにも対応

ここで、A’kinのローズヒップオイルは「超優秀コスメ」であることは間違いないのですが、ただ1つだけ、気になることがあります。

それは、「独特な香り」です。

ローズヒップという名前から、いかにもいい香りがしそうなのですが、実際は少し変わった独特な香りがするのも事実。強い香りではありませんが、この臭いが大丈夫かどうかは大きなポイントになります。個人的には「酸化した抹茶の臭いに似てるな」と感じましたが、強くはないので使えました。

どこで買えるの?

取扱店舗は、残念ながら公式サイトには明記されていませんでしたが、「アズミちゃんねる(https://azumichannel.com/akin-shops/)」というブログにて取扱店舗をまとめた記事がありました。

※こちらの記事の情報は2019年6月末時点のものになっているので、お店を訪問する前に、問い合わせて確認してみることをオススメします。

そして、「初めてこのオイルを使う」という方は、やはりパッチテストを行った方が良いので、取扱店舗を訪ねましょう。決して安い買い物ではないですし、実際に使ってアレルギー反応が出てしまった時の痛手の方が大きいですから。

「以前このオイルを使ったことがある人」には、オンラインショップからの購入の方が便利でオススメです。

まとめ

ちょっとお値段はするのですが、効果はバツグンなローズヒップオイル。

個人的には、こちらのシリーズのエイジングケアタイプのローズヒップオイル(オーガニックではない)がお気に入りです!全部で4種類あるローズヒップオイルの中から、自分のお気に入りを見つけてみるのも良いかもしれません。