カテゴリー
お酒 ジン

オーストラリアの有名なおすすめのジン3選

ホーム > お酒 > ジン > オーストラリアの有名なおすすめのジン3選

オーストラリアに行ったらお酒をめいいっぱい楽しみたい!!

そう思っている人にはオーストラリアのジンがおすすめです。

オーストラリアには大手メーカーのジンだけでなく、少量生産を重視したクラフトジンの銘柄がたくさんあります。

どれも個性的な味わいを楽しめるお酒なので、飲み比べてみても面白いかもしれません。

この記事では旅の思い出作りにふさわしいオーストラリアのジンおすすめ3つとオーストラリアでのジンの歴史、クラフトジンが人気を高めた背景についてご説明します。

オーストラリアで有名なおすすめのジン

オーストラリアには魅力的なジンがたくさんあります。旅の思い出にパブなどでジンを楽しむのもおすすめです。

以下では数あるオーストラリア・ジンの中でもおすすめのものを紹介します。

フォーピラーズ

フォーピラーズ photo by fourpillarsgin.com.au

フォーピラーズはオーストラリア国内で人気No.1の地位を誇るジンです。 ジンの中でも国内消費量が最も多いものでもあり、その人気ぶりは国内にとどまらず、海外でも評判です。

最近では日本でも正式に輸入されるようにもなりました。

そのため日本国内でフォーピラーズを目にしたことがある人もいるかもしれません。

名前の「フォーピラーズ」の意味は「4つの柱」です。美味しいジンを作るのに欠かせない「水、ボタニカル、蒸留機、パッション」を4つの柱に見立てたネーミングになっています。

フォーピラーズの銘柄はいくつかありますが、どれにも共通して言えるのはオーストラリア産のボタニカルを使用していること。

フレッシュオレンジを使用したフォーピラーズは特に独特で、通常オレンジをボタニカルに使用されるのは皮のみですが、フォーピラーズはなんとオレンジ丸ごと使用しているのです。

オーストラリアンドライジン

ドライジン photo by manlyspirits.com.au

シドニーから近いマンリーに蒸留所があるオーストラリアンドライジンは、海辺の街を彷彿とさせる味わいが特徴です。

ボタニカルに海レタス(アオサ)など、地元の海から採れたものを使用しているものも少なくありません。

このジンを蒸留しているマンリースピリッツでは、ジンの他にもウィスキーやボタニカル・ウォッカも製造しています。

どれも海の雰囲気を楽しめるお酒として、シドニーを中心に人気を集めています。

蒸留所にはテイスティングルームもあり、試飲が可能で、予約すると館内の見学ツアーに参加することもできます。

また、ヨガやジンを使ったリラックスイベントが開催されることもあるので、こうした健康イベントもおすすめです。

アンサ ディスティルド・オーストラリアンジン

anthergin photo by anther.com.au

ディスティルド・オーストラリアンジンを製造しているのはアンサと呼ばれる蒸留所です。

この蒸留所は定期的に実験的蒸留を行い、新商品を試作しています。

他にも他社と共同で新しいスピリッツの開発にも力を入れています。

開発に力を入れると同時に古典的なジンの製造方法も大切にしているのでディスティルド・オーストラリアンジンは新しさと歴史が融合した味わいを楽しめるでしょう。

とにかく濃厚でオイリーな舌触りが特徴。独特ななめらかさがあります。オーストラリア沿岸の熱帯雨林で栽培されているフィンガーライムを使用しています。

オーストラリアのジンの歴史

ジンの製造の歴史は1660年までさかのぼります。

ジンは当初、植民地での熱病対策として開発されたものでした。元の名前は「ジュニエーブル」でしたが、薬用酒として広まりました。

その後1689年にウィリアム3世が英国国王に迎えられることになります。ウィリアム3世と共にイギリスに渡ったジュニエーブルは瞬く間に人気を高めました。

そして名前も「ジン」と省略されて親しまれます。 人気の高まりと並行して各地で蒸留所が作られるようになりました。

世界各国でジンが飲まれるようになり、オーストラリア国内でも蒸留所が誕生しました。

オーストラリアのクラフトジン

現在オーストラリアではクラフトジンが注目を集めています。

クラフトジンとは大量生産されるものではなく、質を重視した少量生産されたものです。

大手メーカーで大量生産されるものに太刀打ちできないと考えた小規模な蒸留所が、差別化を図るために量より質を重視した製造・販売を行なっています。

クラフトジンが人気を高めている理由は生産される種類が豊富であるからでもあります。

近年オーストラリアに限らず世界各国で蒸留酒の製造規制が緩和されてきています。

ジンは他の蒸留酒に比べて製造が簡単であり、なおかつボタニカルに何を使用するかによって味を変えられるので個性を出しやすいお酒です。

低コストで様々な銘柄を製造できるため、蒸留所が増え、人気が高まりました。

タスマニアでおすすめのジン「Poltergeist(ポルターガイスト)」

まとめ

他のお酒よりも様々な個性を楽しめるジン。 オーストラリアでは大手メーカーの製品だけでなく、クラフトジンもたくさんあります。

パブやバーに出かけてお気に入りのジンを探してみるのも面白いかもしれません。 旅の思い出にオーストラリアジンを楽しんでみましょう。