カテゴリー
お酒 ワイン

ビクトリアのスパークリングワイン「Azahara Sparkling Brut(アザーラ スパークリング ブリュット)」

ホーム > お酒 > ワイン > ビクトリアのスパークリングワイン「Azahara Sparkling Brut(アザーラ スパークリング ブリュット)」

Azahara Sparkling Brut(アザーラ スパークリング ブリュット)

種類 スパークリングワイン
生産地 ミルデューラ地方(ビクトリア州西部)
ワイナリー ディーキン・エステート社
品種 シャルドネ75%、ピノ・ノワール25%
価格帯 1300円~2000円
度数 12度
辛口

ワインの特徴

このワインを作っているディーキン・エステート社はビクトリア州西部のミルデューラ地方で誕生し、当初はブドウの栽培のみを行っている会社でしたが1980年からワインの製造も始めました。

会社の特徴として、100%自社のぶどう畑から採れる質の高いぶどうからワインを作っており、オーストラリア・ワイナリー・オブ・ザ・イヤーを獲得するなど実績を積み上げ、愛好家からはその質の高いぶどう栽培とワイン作りを認められています。

ディーキン・エステートのワインのラインナップは赤ワイン、白ワイン、スパークリングワインが主なものとなっています。

今回紹介するアザーラ・ブリュットは辛口のスパークリングワインでぶどうの種類は単一ではなく、2種類のワインを合わせたブレンドワインです。

アルコール度数は12度でぶどうの品種はシャルドネ75%ピノ・ノワール25%の割合となっており、味わいは酸味、苦みがしっかりしている辛口で炭酸も程よく感じられ生き生きとした酸味とクリーミーさが調和しています。

白身魚によく合うと思いますが、甘いデザートなどと一緒に飲んでみてもきっと合うと思います。

Amazonでのご購入はこちら

まとめ

オーストラリア産のワインは今や世界中で流通しており、ワイン大国として知られています。

このスパークリングワインの名前になっているアザーラはアラビア語で「白い花」、スペイン語では「オレンジの花」を意味しており、これはワイナリーのシンボルであるオレンジ園を意味して名前がつけられています。

価格に関しても比較的手に入りやすい料金となっており、1本2,000円程度でネット販売されており、是非ワイン好きな方は試してみてください。

私がこのワインの好きな理由として味はもちろんのこと価格帯が非常に良心的価格となっており、手に入れやすいからです。

特にこのディーキン・エステート社が作るワインはコストパフォーマンスに優れており、高品質なぶどうから作られるこのワインは本当に安くておいしいと思います。

これからもこういった商品を世に出していただきたいと思います。